上越名家

menu

保阪邸

寺院風玄関と繊細な数寄屋造

離れの怡顔邸は寺院風玄関と主屋の数寄屋造が対象的な豪農の邸宅です。どちらも内部には繊細な装飾が数多く施されています。美術品収集家でもあった保阪家の持ち物は魅力的で珍しい物が多くあります。

お部屋の障子戸は面取りがしてあり、壁は所々に透かし壁が施されています。

お屋敷には祖母の花嫁道具の一つ、大鏡が置いてあり保阪の家紋がついています。

大玄関の格天井です。天井に屋久杉が使われ中央には牡丹の花の彫刻があります。

築300年近くたっている建物で、壁の木材は火にも強いクサマキという木が使われています。

アクセス

■住所
〒943-0178 新潟県上越市戸野目488
■駐車場
あり(数に限りがあります)
※公開時期:通常非公開です。ご相談ください。